【競馬コラム(投資編)】買い方を学ぶ①

投資編
スポンサーリンク

2010年12月に執筆した記事を2021年8月に再筆しました。

スポンサーリンク

買い方を学ぶ①

 今回のテーマは買い方です。去年の暮れ頃から買い方についての文面を1本書いているんですが、まだまだ書き終わりそうにもありません。10万字くらいの大作にはなりそうなんですがこのペースでは終るのが年末になってしまうかもしれません。


その後書き上げたものはこちら
【競馬★押さえておきたい知識】投資の技術と心得① 初回拡大版


 さて、なぜこのような内容のものを書いているかというと、掲示板やメール、チャットなどで色々な方と話をさせてもらっていると、予想方法の違いというのも確かにあるかもしれませんが、ほとんどの場合は買い方ひとつである程度まで改善できる感じを受けました。「何故そんな買い方をするの?」というような資金配分や馬券の種類の選び方などをよく目にします。


 「勝つ予想法」とかはよく聞きますが、予想法よりもまずは買い方をキッチリとしないとどんな予想法を用いても勝ちきれない人もいます。そのような事で困っている方を完全にサポートできるようなものになるように取り組んでいるつもりです。

 その中で取り上げているメンタル的な部分を今日は少し取り上げておきたいと思います。まず、「競馬で勝ちたい」のか「楽しみたい」のかをハッキリとすることが大切です。中には楽しむ競馬に徹したいという人もいると思います。それはそれで良いことだと思います。


 競馬で負けることよりも当てる楽しみやレースを見る楽しみを重視しているのですから当てることによって負債が少しでも少なくなり、当てる喜びを多く味わうために予想力をつけようというのは競馬の楽しみ方の1つだと思います。

 ただ、大半の人は競馬で儲けたいというのがあるのではないでしょうか? もしかしたら、たまたま私の周りにだけそう思っている方が集まっているだけかもしれませんが…


 この2つのことに対して確実に言えることは、どちらかを重視しなくてはならないと言う事です。多くのレースを購入し楽しむことはコンスタントに儲けるのにはあまり向く方法とは言えません。方法がないことはないですがそれなりの予想力を求められます。また、儲けることを重視すれば自然と楽しむ競馬からは半減します。儲かることで喜びは出ますが、予想することや購入に踏み切るまでは楽しむ競馬ほど安易な購入が出来なくなります。


 今回はまず自分が求める競馬はどちらなのかを考えてください。ただし、ひとつ言える事は「勝つ競馬」から「楽しむ競馬」へはいつでも変更できますが、その逆はそう簡単にはいきません。例えるならば一流大学に入るだけの偏差値があれば三流大学に入るのは容易いがその逆にはそれ以上の努力が必要になると言ったところでしょうか。


 でもお分かりのように、時間をかけて、やる気を出して勉強すれば誰でも一流大学に入る可能性はもっています。問題はやるかやらないかの部分です。そして一流大学に入学するよりも遥かに簡単でちょっとしたコツをいつ掴むかどうかです。


 そのコツを掴むためには普段から意識する必要があります。それは常に冷静であることと勝たなくてはならないというプレッシャーを自らに与えること。それによってどれだけ無駄なレースを買わないか自然と心がけられます。


 まず誰にでも出来ることはレースを厳選して自信のあるレースだけを買う事です。競馬中はかなり時間を持て余します。これは今週末から誰でも取り組めることだと思います。では厳選すればどれくらいの数になるかというと、先週の日曜で言えば、私は24レース中で購入したのが5レースでした。5レース中3レース的中、外した2レースは1着3着に泣きました。

 せっかくお金を出して馬券を買うのですから全て当てるくらいの気持ちで取り組まなくてはなりません。そうすることで確実に儲けに行くところ(勝負レース)が次第に分かってくるので少なくとも負けることはなくなります。


 次に買うレースでの買い方です。一番多く目立つのはどこで儲けようとしているのかが分からない買い目をしている人です。本線と押さえがハッキリしていなかったり、当たってもちょっとしか儲からなかったりと資金配分に困っている人が多く目に付きます。それと馬券の種類が増えて事で、「馬連」買って、「3連複」買って、「ワイド」買ってと多種に渡る馬券を多点購入している人もいました。おそらく本人もどのように当たるのが一番儲かるのかが分かってないのかも知れません。


 最初は馬券の種類をどのように使っても良いですが、心がけなくてはならないのは本線だけはシッカリと決めて資金配分をすることです。今週末はこのことに気をつけながら馬券を購入してみてください。これだけでも少しコツを掴むことが出来ると思います。

○レース数を絞り込む
○買い目に本線をキッチリ作る


 先々週は勉強回顧で(2010年の話)1日の全買い目を公開させてもらいました。回顧に参加されている方はもう一度見直していただきたいのですが、どのレースで勝負していて、どの買い目が本線なのか。また、どのレースは期待値を重視して購入しているのか。なぜ、そのレースは馬券の種類の選び方がこうなのか。などに注目してもう一度アクセスしてみてください。


 現在回収率が80%近くあるのであれば、買い方を覚えるだけで100%にはすぐにでも近づくことが出来るでしょう。買い方を工夫するだけで最大20%くらいは向上が見込めると思いますのでまずは今回取り挙げたことを週末にチャレンジしながら自分なりに工夫してみてください。またの機会に次のステップを紹介させていただきます。

関連記事
買い方を学ぶ②


>>不利やロスを完全手動補正したhide指数競馬新聞
 1レース10円強で使える競馬新聞型の指数。動画でも度々公開されるチェックコメントも閲覧可能。ワンランク上の予想に欠かせないアイテム

>>重賞検討会は勉強回顧にて
 展開解説から投資方法まで予想やアプローチのノウハウを講義。2002年から18年続いているお役立ちコンテンツ。 重賞の展開予想や切り口なども毎週解説中

投資編競馬コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願いします
hide@勝ち組在籍方法!をフォロー
スポンサーリンク
勝ち組在籍方法!(競馬blog)

コメント