▼4/18本日の寝言(中央競馬狙い解説)

本日の寝言(レース解説)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

4/18本日の寝言(レース解説)

本日の寝言とは…

中央競馬、午前中のレースを中心に感じた事を寝言のようにブツブツと語っていく独り言で20年以上続いているレース解説です。
午後のレース解説は勉強回顧のコーナーで開催日の昼に更新しています。勉強回顧も是非参加ください。


今週の関連動画・記事一覧

皐月賞 出走馬レース解説
皐月賞 調教評価
🐴ダノンザキッドのすべて
🐴ディープモンスターのすべて
🐴エフフォーリア、アドマイヤハダル、ヴィクティファルスのすべて
🐴タイトルホルダー、ラーゴムのすべて
📈皐月賞コース中山芝2000mの特徴
アーリントンカップ 出走馬レース解説
📈阪神芝1600mの特徴
アンタレスステークス 出走馬レース解説


キャンペーン詳細はこちら🎯



>>【馬券解説】単騎楽逃げを読み解く事で余裕のできる馬を単勝狙い。その読み方は実にシンプル
>>【予想上達】誰でも分かりやすい解説、予想手順の実例解説から”予想の引き出し”を見つけ出そう

YouTubeへのgood!👍やコメント📝いつもありがとうございます。とても励みになっています。これからも応援に応えていけるよう頑張りますので引き続き宜しくお願いしますm(_ _)m


hide指数競馬新聞&チェックコメントの概要は上アイコンをタップ!
1レースあたり10円台、スマホ・タブレット・PCで使え、印刷して紙ベースでも可
不利やロスの補正後指数で正確な予想をしてください。


新潟競馬場

新潟競馬場

コラム>>【攻略法】新潟ダート1800mで稼げ(新潟でも狙いやすいコースの1つ)最新データ追加

新潟1R

 先行少。メンバーレベルが薄いのでここは展開的にも前で運べる馬が優勢。ここにも指数A1の馬がいます。土曜日も芝を使ってきたA1の馬を除けば2頭該当する先行馬がいて成績は[1-1-0-0]でした。ここは先行と言っていいのか難しい所ですが相手関係的に早めに動けそうではあるので半信半疑で考えてみてもいいかもしれません。

 背景色でを出している馬や指数でを出している馬でも活躍出来てしまいそうなくらいのメンバー構成ですから調子の良さそうな馬(好調教馬)などにも注意。

新潟2R

 短距離にしては前で運ぶ馬が多いわけでもありませんしメンバーレベルとしても低いのでここは黄色指数を出してきている馬が前走だけを見ても1頭しかいませんからスムーズに先行していければ馬券軸として信頼してもいいかもしれないと思えるくらい相手関係に恵まれました。

 新潟のダートも回復は見込めず脚抜きの良い馬場なのかそれ以上悪くなって始まるのかは分かりませんが基本はある程度前で運べる馬と青指数を出しているような馬が相手混戦にはなりそうですから場合によっては紐荒れしてもおかしくないので注意。

新潟3R

 ここにはA1の馬はいませんがパッと見て感じるのは休み明けの馬が多くいる事です。先行馬もそれほど多くないので距離延長になる馬なども前で運んでいけるかもしれませんので注意。基本的にこのような指数の配列や先行馬の配列を見る限りでは紛れが出そうですから無理して手を出すようなレースではないと思います。穴党の人はこういうレースはいい形で紛れる可能性があるので注目してみてもいいかもしれません。

新潟4R

 こちらもやや休み明けの馬が目立ちます。短距離にしてはそれほど先行馬が多いというわけでもないので早めに動ける指数の高い馬が優勢になりますが見た感じだと芝を使ってきた馬なども目立つのでやや手を出しづらい感じです。パッとみて第一印象で軸にしたいと思う馬がいないので3R同様に変な紛れが出てもおかしくありませんから注意です。

新潟5R

 ここには指数A1の馬がいますが先行馬ではないので素直にパス。もちろん能力的に活躍できる可能性はありますし、脚抜きの良い馬場だと指数の高い馬が素直に活躍することもありますが法則に該当しないので来ても来なくてもおかしくありませんからそういう時は無理に狙う事はないと思います。

 展開的には前で運べる馬に有利になりそうですし、逃げ馬が2頭いますが競り合いになるほど主張をするとも思えないので譲り合いがでればそれなりにペースとしても落ち着くと考えられます。仮にこの2頭がやりあって脚抜きの良い馬場ならば位置取りの悪い指数A1の馬が力で一気に持ってくる可能性が考えられます。減量効果も含めて注意は必要です。基本は前残り優勢かなと思います。

中山競馬場

中山競馬場

コラム>>中山競馬場の狙いポイントを整理、攻略法を掴んで勝利を

中山1R

 低レベルメンバーが揃った感じです。先行馬も多くないですからここは出来るだけ早めに運べる馬の粘り込みには注意。そういう意味でも背景色がを出している馬は展開利が回ってくる可能性が高いので注意です。当日の馬場状態がどれくらい湿っているかが想像つかないのが難しい所ですがこのコースは後半の伸び脚が生きやすいので印を持っている馬の浮上には注意。

中山2R

 短距離ですがそれほど先行馬が多いわけではないので背景色でを出しているような馬で黄色指数などで走れていれば十分通用。コースのセオリーとしては外枠の高指数先行馬が軸に適していますがここは適切な指数の馬が見当たらないのと、あまり先行馬がいないことからどの枠からでも前で運ぼうと思えばスムーズに先行出来そうなので先行力のある高指数馬であれば枠に関係なく前々での粘り込みを期待できそうです。

中山3R

 先行馬が少なく、流れとしても落ち着きそうです。内側に逃げ馬候補が2頭いますが無理してまで競り合うということもないでしょうからすぐにペースとしても落ち着くことが想像されます。展開的には前で運んだ馬が有利になりそうですから前で運べて印を持っている馬となると素直に3頭が浮かんできますのでこの3頭にいい伸び脚を使った馬がどれくらい割り込んでこれるかというようなレースになることが想像されます。それだけその3頭が上位になりやすそうな展開。あとは馬場状態が読めないのでそれがどれくらい影響するかです。

中山4R

 雨の影響で芝の状態がどうなっているか皐月賞に向けてもとても気になります。このレースは頭数はそろっていますが先行馬も少ないですし、指数を見てもかなりメリハリがあるので基本的には黄色指数を出した事のある馬たちでのワンツー決着になりやすそうです。その中で馬場状態も含めてより良い処を選んでいけた馬が素直に結果を出していく事になるんじゃないかと思います。2連続で黄色指数以上を出した事がある馬を見てみると5頭いますので、その中でのワンツー決着になりやすいパターンだとは思いますが、馬場状態が分からないのでこの中からどれを軸にすべきかというのは考えるのが難しいです。

 特に中山の芝は少し湿ると急に差しが決まる傾向というのを今年はずっと見せていますので水分量によっては外に出した差し馬が優勢になってくるかもしれません。展開的には落ち着いた流れになりそうですから少しでも前で運べる好指数の馬が優勢にはなりそうですが馬場の湿り気から差しが決まるような傾向を見せるようだと先行馬から狙いのが危険になる場合もあります。軸選びでもそれを踏まえた選択が必要ですが、この日の芝はこれが一発目になるので馬場傾向を見てから狙う事ができないのである程度の決め打ちが必要になってしまいます。2走前に赤指数を出している先行馬がいますのでこれはJ3タイプでジリ脚ですが馬場を選んだ先行策が出来ると思いますから勝ちきれないまでもそういう競馬ができれば上位に粘り込んでいく事は可能とも考えられるので3連複軸などで考えてみるのも手段になりそう。

中山5R

 休み明けが目立つレースで、位置取りもやや不安定なところがありあM素からちょっと狙いとしては難しさを感じます。ズバ抜けた馬や素質としてチェックコメントから積極的に狙いたいと思わせるほどの馬もいないので無理に手を出さずに静観が妥当。

皐月賞2021

YouTubeで開く

賞味期限レースとは
当該レースの出身馬がその後のレースで好走しているレースのことをいいます。賞味期限が切れる前にその出身馬は狙って美味しく頂きましょう、という意味での賞味期限レース。

賞味期限レースを知るには
【hide指数&チェックコメント】ページ
 ↓
■コメント会員専用ページ
 ↓
■WEBコメント
 ↓
それぞれのレースのコメント欄の右側に賞味と記載があれば出身馬。

前走・前々走・3走前まで表示がありますので上手にお使いください。

今週の重賞検討会

勉強回顧では重賞検討会を開催します。どうぞご参加ください。
※カード決済は開催中でも対応

今週の勉強回顧では…

重賞検討会(展開や馬場が向く馬は?展開解説)

7R以降全平地レースを当日の馬場傾向を見ながら徹底解説
勉強回顧(重賞検討会)

4/18(日)全レース対象 調教評価一覧

調教評価(好走例)

調教はあくまでも調子を見るものなので人気がなければ拾っておこうかな、軸馬の調子が良ければ後押しになるな、くらいの立ち位置がベストだと思います。

阪神競馬場

阪神競馬場

阪神開催の勝ち方とは?

阪神1R

 短距離ですが逃げ馬不在で先行馬も不安定な馬が揃っています。前で運んだり中団からの競馬になったりする馬が目立つのが分かると思います。少しでも前で運べた方が展開的には有利なので印を持っている馬はこの中ではダートで先行力があるというマークなのでその中で好指数を出した事のある馬を軸に考えて、背景色でを出している先行馬に手広く流してみると思わぬ馬が逃げて粘り込んだりしてもおかしくありませんからちょっとした穴の組み合わせになる事も考えられます。信頼できるほどの軸馬が第一印象として浮かんでくるわけではないので、そう言う時は紛れやすいレースですから中穴~穴決着になることも視野に。

阪神2R

 こちらも先行馬が少ないですね。このコースは差し脚が生きやすいコースなので印を持っている馬はとにかく注意。先々週の雨馬場で湿っていた時にも印を持ったビリ人気の馬が3着に入るなどがありました。基本的に指数の高い馬が有利にはなりますが、それを後押しするように印を持っている馬は人気薄でも激走することがあるので安易に削らずに拾っておくのがポイントです。日曜は最終レースも同じコースで行われますから終盤にも少し思い出してみると役立つかもしれません。必ずしもをもっている馬を軸に選ぶ必要はありませんが紐には拾っておいた方が普段取れないような穴馬を拾えたりもするので印を活用してください。

阪神3R

 芝レースです。先行馬はそれ程多くありませんから展開で言えばある程度前で運べる馬が馬場を選んでいけたら理想。外回りコースで後半の伸び脚も大切になるコースですから先行力と後半の伸び脚に注目。基本的には力を発揮しやすいコースの代表でもあるので指数の高い馬が有利にはなってきます。2走前にこのコースで先行して粘り込んでいる馬がいるので前走は距離短縮になりましたが今回は距離を戻してきた事でもう少し楽に前で運んでいける可能性がありますから淡々と楽に流れに乗っていく競馬ができれば上位の粘り込みも期待できそうです。

阪神4R

 障害

阪神5R

 第一印象として先行馬が多く感じます。3歳の1勝クラスなので比較的先行馬が多くなりやすいというのはありますからこうなると外枠の先行馬はロスの多い競馬になりがちなメリハリのないレースなので出来るだけ内側の先行馬から考えた方が展開的には向いてくると思います。

 ただ、この中で積極的に軸にしたい馬はいるかというとどうでしょう。そこでチェックコメントを見てみるとなかなかいいコメントを残している馬がいました。

チェックコメント
休み明け、10㌔増、比較的スムーズに前を見据えた立ち回りから余裕を持った追い出しで後続を突き放す一枚上の競馬ができた。初ダートながらも適正の高さを見せて休み明けを感じさせず。二走ボケには注意が必要だが使われつつの上積みにも期待。元々芝でも走れる馬。

 こんな前走コメントを残していたので、今回もそれほど枠が悪いわけではありませんから二走ボケの心配はしつつもチェックコメントからは巣k粗衣狙ってみても面白そうな馬。展開的にはメリハリのないレースなので内枠の馬たちを相手候補としてはやや厚めにして外枠勢は少し薄目に資金配分するような工夫をしても面白いかもしれません。

アンタレスステークス2021

YouTubeで開く


>>不利やロスを完全手動補正したhide指数競馬新聞
 1レース10円強で使える競馬新聞型の指数。動画でも度々公開されるチェックコメントも閲覧可能。ワンランク上の予想に欠かせないアイテム

>>重賞検討会は勉強回顧にて
 展開解説から投資方法まで予想やアプローチのノウハウを講義。2002年から18年続いているお役立ちコンテンツ。 重賞の展開予想や切り口なども毎週解説中。


[広告]


勝ち組在籍方法! https://www.hide-s.com/

本日の寝言(レース解説)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願いします
hide@勝ち組在籍方法!をフォロー
スポンサーリンク
勝ち組在籍方法!(競馬blog)

コメント