東京開催開始、攻略ポイントをおさえて挑む(東京競馬、中京競馬、小倉競馬)

競馬コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京開催開始

 今週末から始まる東京開催の狙いコースや注意ポイントなどを事前予習として頭の整理ができるようにまとめていきます。最後までお付き合いください。

ダート中心の冬開催

 寒い時期は特に霜の降りる午前中を中心に全体的にダートレースが多く行われます。降雪があったときの対応という点でもダート中心の番組になっているので前中山開催も同様ですがダートコースに得意分野を作っておくと有利。

中山と東京では距離合致しない

1200m(中山)
1300m(東京)
1400m(東京)
1600m(東京)
1800m(中山)
2100m(東京)

 このほかにも2400mなどありますが主に使われるコースだけを抽出しても同距離がないのが特徴です。関西地区ではないことです。

得意を待っている馬がいる

 急坂のあった中山から直線の長い東京に変わるだけではなく、距離としても適距離を待っていた馬が必ずいます。1800mでは長い、1200mでは短いという馬が暮れの中山開催以降、この東京開催を首を長くして待っていました。待ちきれないくらい状態のいい馬は関西遠征などもしていたと思います。

 東京開催に関してはダート1600mを待って休養していた馬が例年結構いるのでここを狙ってきている馬は要注意。

 1400mは阪神や中京に行くことで使えますが1600mは中央ではあまり行われない距離なので待っていた馬は多いです。

特定のコースで指数を上げている馬には注意

 東京ダート1600mを使っていた時には指数が高く、中山ダート1800mになると指数を落としている馬がいれば露骨です。これは距離だけではなく、左回りや右回りで指数が上下するような馬もいますし、内枠と外枠とで上下するような馬もいます。どんな時に指数が高くなっているか精査することで馬の得意分野を模索することにも繋がります。

東京ダート1600mを狙え

このコースを待っていた馬を狙え

 休み明けでもこのコースを待ちに待っていた馬がいます。ワンターンの1600m、しかも直線の長い東京コースなので小回りで器用さを求められる中山と違い全身を使ってパワフルに走れる馬には適しているコースです。

✅直線は長いが追い込みよりは前残り

 なんだかんだで逃げ・先行馬が強いコース。ただし、前で運べるだけではなく長く脚を伸ばしていくことが出来ないとNG。早めのレース運びをしながらもバテずに伸び続ける脚が使える事が求められます。

 そういう意味でも馬タイプもS1J1GCタイプのトップスピードを長く使えるタイプが優勢。

中枠よりは内か外

 スタートしてから直線が長いので外枠に先行馬がいると特に中枠は締められるような形になるので中途半端なレースになりがちです。ロスが少なく先行できる内枠か、早い段階で内に寄せていくことが出来る外枠からの持続力タイプが有利。

 どちらにしても前で運べて長く脚を使える好指数馬が優勢になってきます。ただし、内枠に先行馬が多い時の外枠勢はコーナーで大きく外を回し続ける事になるので長い直線でお釣りがなくなりますから配枠や展開予想は大事。

数少ない芝コースはピンポイント狙い

芝の施行数が少なく好天が続けば芝の悪化も最小限

 雨や雪がなければ芝状態は良好さを1開催保つ事も可能なくらい芝レースの数というのは時期的にも少ないので良好な芝を生かせるコースは狙うには有効。

東京芝1800mは好枠逃げ馬優勢

 スタートしてすぐにコーナーがあるため外枠よりも内枠の先行勢が有利。特にここですぐに先手を取れるような逃げ馬は有利です。このコースは中距離馬よりもマイル適正の高い先行馬に有利になりやすいコース。

 最初のコーナーまでの距離が短く、このコーナーでペースが急激に落ち着きます。また直線が長いということが騎手心理としても働くので前半のペースが上がり切らないまま直線を迎えるケースが多いのが特徴。馬場状態がよければ内側の前で楽をしていた逃げ馬や好位追走の先行馬にとっては楽なレース運びになるので中山マイルで少し厳しい競馬をしてきた逃げ馬や先行馬でもここでは展開と馬場を生かして活躍することも可能。毎日王冠などでよく逃げ馬やマイラーが活躍するのに対して、200m延びた天皇賞では通用しなくなるのは1800mがマイル寄りのコースをしているから。これを把握しておくと芝の施行数が少なく馬場状態の悪化が遅いことからピンポイントでの狙いになるケースは出てくるコースです。

狙いは東京だけではない、連続開催の中京・小倉

傷みが一気に加速する中京と小倉の芝

 先日の雨の影響もあるので一気に芝状態としては悪化や変化が見られることでしょう。良好な芝状態が想像される東京開催に比べて中京・小倉開催は傷んだ馬場を生かす狙いが加速。

ラク短の法則を使いこなそう

>>ラク短の法則

 芝の変化を利用した法則。積極的に穴を狙いやすく万馬券にもなりやすいのが特徴。特にローカル小倉でこれが採用できる馬場に変化すると狙いとしても大きな期待。おさらいをして芝の変化に対応していきましょう。

おしらせ

ご新規キャンペーン開始(~2/19)

 まだhide指数競馬新聞を使った事がない方へのお得なキャンペーン。ブログやTwitterでも話題の印馬の大穴激走、不利やロスの大きな指数補正などを競馬新聞形式でお楽しみください。
>>ご新規キャンペーン概要

hide指数は予想じゃありません

 指数は予想をするためのアイテムです。

 いま競馬新聞を見て予想をしている方、前走の着順が自然と目に入ってくると思いますがその着順は正しい着順でしょうか? 2着馬よりも5着馬の方が強い競馬をしている事があるのが競馬です。それを指数として補正して正しい順序をつけたのがhide指数です。

 予想のスタートラインに立つための指数入り競馬新聞(PDF)です。

hide指数競馬新聞についてはこちら

hide指数競馬新聞&チェックコメントの概要は上アイコンをタップ!
1レースあたり10円台、スマホ・タブレット・PCで使え、印刷して紙ベースでも可
不利やロスの補正後指数で正確な予想をしてください。


カムバックキャンペーン開始(~2/19)

 過去にhide指数使った事のある方でしばらく競馬をお休みしていた方、フェブラリーSが行われる東京開催ですのでこの機会に再度利用してお楽しみください。
>>カムバックキャンペーン概要


>>不利やロスを完全手動補正したhide指数競馬新聞
 1レース10円強で使える競馬新聞型の指数。動画でも度々公開されるチェックコメントも閲覧可能。ワンランク上の予想に欠かせないアイテム

>>重賞検討会は勉強回顧にて
 展開解説から投資方法まで予想やアプローチのノウハウを講義。2002年から18年続いているお役立ちコンテンツ。 重賞の展開予想や切り口なども毎週解説中。



勝ち組在籍方法! https://www.hide-s.com/