1/12本日の寝言(レース解説)

本日の寝言(レース解説)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日の寝言と中山12R動画解説

hide指数競馬新聞を無料でダウンロードしてご覧いただけますので、それを手にしながら動画を見て頂くことでどのようにしてアプローチするかを講義のように解説しています。買いたいレースではなく難度に関係なく最終レースをピックアップしてます。

中山1R

 素直に前で運べる馬をマークアップする作業をしていくと自然とメンバーが絞れてきそうなレースです。芝を使ってきた先行馬がどれくらい力を発揮できるかというのがポイントにはなってきます。そこでチェックコメントを見てみると短距離ダートで見てみたいなんて書いてますからこれはちょっと注目してみたくなります

中山2R

 背景色を見てもらっても先行馬は少ないので展開的には前で運べる馬は優勢。中距離ダートは後半で一歩ずつ伸びる持続脚があれば極端な後方じゃなければ詰め寄ることは可能な馬場ではあるので押し上げれそうな馬や中団くらいから指数の高い馬は要チェック。

中山3R

 こちらも背景色を見てもらうと前で運ぶ馬が少ないので前で運べそうな黄色指数を出している馬が優勢になりそうな低レベルメンバー。あまり難しく考えるよりは出来るだけシンプルに考えておきたいようなレースです。しかし、信頼できるほどの軸馬候補になる馬はいないので縦目決着なども頭に入れておいた方が良さそう。

中山4R

 障害

中山5R

 ようやく芝になりますが、さすがに前が止まらないというほどの状態とは言えないまでもまだまだ後方からでは厳しくて内前で運んだ馬も粘れる状況です。土曜の最終レースの動画や先ほどUPした日曜最終レースの動画もこれと同じ1600mのレースなので、その2つの動画をご覧いただくとどういう馬を選んだらいいのかというのが見に着いていくと思います。ついでに言うならば月曜日はこのコースでフェアリーSも行われますからコツを覚えておくに越したことは無いと思います。

 逃げれるくらいでもいいですし、堅実な先行策が取れる指数の高い馬がいれば狙いになってきます。なんなら土日の最終レースよりもコース的にはこの5Rの方が狙いやすさはありそうです。内側に逃げ馬もいますし、それを見ていけそうな赤指数を出してる先行馬もいますので馬券候補としては面白そうなレースです。土日の最終レースの動画はアプローチ方法を把握してもらえればそれで十分なのでこのレースに生かしてみるといいんじゃないでしょうか? 土日の最終レースよりも圧倒的にこのレースの方が狙いやすそうです。


[競馬コラム]アドバイスして1年で結果を出した方の実戦ブログを紹介します。


京都1R

 朝からこの距離とはなかなか珍しいですね。流れとしては落ち着きそうですが前に行く馬は数頭いるので競り合うことは無さそうですし、先行馬が楽に運んで粘り込むような展開になりそうですから位置取りのいい馬や少し早めに仕掛けて動けるような指数のある馬をピックアップしていくと馬券的には十分に成立してもよさそうです。

京都2R

 ここはかなり低レベルな印象を受けます。位置取りも不安定ですし指数的にもかなり低い馬がそろったので位置取り一つで紛れがありそう。こういうのはあまり好んで手を出さない方が賢明。たまたま調子のいい馬やたまたまいい位置で運んだ馬が能力以上の結果を出すようなこともありそうです。

京都3R

 まずまず先行馬はいる方だとおみます。背景色を見てもそこそこカラフルさを感じます。飛びぬけた指数の馬がいるわけではないのでどこが人気になっても信用しづらい馬たちにはなります。単騎逃げが見込めるならば豊の馬の粘り込みの期待も高まりますが、他にも先手を奪う可能性がある馬はいるので豊の逃げに競りかけていく勇気のある騎手がいるとは思えませんが一歩目の速さで一気に先手を取ってしまうような馬はいてもおかしくありません。単騎逃げが見込めるなら豊の逃げに期待してみたくはなりますがスムーズに逃がしてもらえるかどうか。どうでしょう。

京都4R

 新馬

京都5R

 内回りのマイルです。内回りの場合は出来るだけ好位内でロスの少ない立ち回りができた方が有利なのでシンザン記念が行われる外回りコースとはまた傾向が変わってきます。前走も同じコースwくぉつ勝っていて外目の枠から先行して高指数を出している馬がいるのでこれが内枠からすんなり前の方で運んでいくことができるようならば指数の高さを生かした競馬ができる事に期待も持てそう。素直に指数上位組を中心に組み立てて少しでも位置取りがよくてロスの少なそうな馬を重視して考えてみるとよさそうなレースです。十分に馬券としては成立するんじゃないかなーと思うレースなので馬券候補になりそうです。

コメント