面白かった中山ダート

競馬コラム競馬コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

二転三転する砂質を使いこなす

ダートの質を見抜こう

 先週の中山のダートは湿り気も残ってやや脚抜きの良さがありましたので単純に前が残るような砂質ではなく後半で二転三転する傾向が特に日曜日では午前中から見せていて午後もそうなることを予感させるような状態でした。

 馬場傾向(トラックバイアス)は早い段階で把握した人が圧倒的に有利です。

 差しが決まるような馬場状態で先行馬を狙っていたのでは無駄打ちになってしまいます。その時点で馬券を買っても確率の悪い勝負になっていることは言うまでもありません。しかしまだまだ馬場傾向をあまり意識しない人が多いのも事実。そもそもそれを広めるつもりもないですが、このようにブログやサイトを通して出会った方にはそういう損の仕方はして欲しくないので少しでも無駄打ちを減らすことに繋がってもらえたら嬉しい限りです。


 ちなみに中山の芝は馬場の中央を選ぶ馬が良く伸びていますので芝もダートもやや特殊で面白い状態が続いています。


 特に面白さがあったのがダートでした。

 今週末も平日から雨の予報もあるのでもしかしたら同じような砂質や傾向が出てくる可能性もあるので馬場傾向に注視。馬場傾向に関わらず結局は近走着順の良かった馬が人気しやすいのが競馬です。だいたいダートの場合で近走着順の良い馬というのは先行馬であることが多いのでそうなれば自然と人気のなる馬が不発となるケースが出てきます。つまり、馬場傾向によって二転三転の結果になるようであれば穴の差し馬が面白い状態になってきます。

普段脚を余している指数の高い差し馬

 1年間を通してもダートレースの大部分において先行勢が優勢なので後方差し馬の着順がふるわないケースはたくさんあります。つまり、そういう馬はこれまで力を発揮しきれないままこれまでのレースをしているのでこのように馬場傾向による後押しが来るのを待っていたような馬です。馬場傾向の後押しがない場合には前崩れの展開になるのを待っていたわけですがこのように差し傾向の馬場になればそれだけでも狙い目になってきます。

 そういう馬が出走しているかどうかというのをまずは指数と位置取りを見ながら確認していきます。出来ればその時のチェックコメントも確認してみると狙える条件がそろっているかも分かるのでより狙いやすさが出てきます。

二転三転の馬場ではケチってはいけない

 このような馬場傾向が見れるときには二転三転するので軸に指数の高い差し馬を選んだとしても紐には前で運んだ馬もある程度残したり、差し馬が一緒に伸びてきたりと結果が不安定になりますので強引な絞り込みをあえてしない事で高配当を拾うことに繋がります。

 よく解釈すれば無理に絞る必要がないので誰でも当てやすいということです。

 普段は紐絞りで悩む人もいると思いますが、このような状況だと紐の絞りようがないですし想像外の馬が割り込んできた利するのであえて無理に絞らない方が好結果に繋がります。もちろん、その中に人気馬が割り込んでしまって思ったほど高配当にならないケースもあるかもしれませんが、少し歯車が良い形で噛み合わないと大型の配当になることもあるのでそこは紙一重です。

 こういう条件がそろったときにはたまたま高配当になるのを期待したほうがいいので買い目をケチらずに考えられそうな馬は紐にピックアップしておきましょう。ケチって紐を絞りすぎたことで大きな配当を取り逃した経験がある人はその割り切りの大切さをきっと思い出したのではないかと思いますので、そういう過ちをしないような割り切りが大事です。

あくまでも期待値重視

 前項でも触れたようにあくまでもこれは期待値重視での狙いです。自信をもって狙えるほど軸馬にしても紐馬にしても信頼性が高いとは言えません。

 いくら二転三転の馬場状態だとしても前で運んだ馬が展開的に楽をしすぎてしまえば馬場に関係なく前残りが発生することもあります。

 そういうことがある中で自信をもった狙いなんてできませんから期待値重視・配当重視「来たら大きい」という気持ちを忘れない事です。

 闇雲に馬券を買うのはよくないですが馬場傾向を把握したうえでそれに合致する指数の高い馬がいれば人気薄でも狙い目にはなってくるのでその馬の激走に期待し、紐馬としては手広く網を張るようにすることで大きな配当になるチャンスを待ちます。

 これは今回の中山ダートだけに限らず、今の中山も芝も通す馬場によって結果が二転三転しやすいので同様のことが言えますし、ここから数週間後には小倉の芝でもそういう傾向がみられることが想像されます。そういう馬場状態を面白いと思えるようになることと予想力がアップの証明でもあります。

 今週の中山ダートに注目しつつ、中山の芝も特殊な傾向が出ているのでそこも楽しんでいきましょう。

競馬コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願いします
hide@勝ち組在籍方法!をフォロー
スポンサーリンク
勝ち組在籍方法!(競馬blog)

コメント