【札幌ダート2400m】(コースデータ・傾向・攻略)

札幌競馬場
スポンサーリンク

★最初のコーナーまでは200m弱と短い
★施行レース数が少ない
★長距離ダート適正が優勢
★位置取りの有利不利は展開や能力次第

 長距離ダートで施行数が少ないので傾向らしい傾向というのがあるわけではないが、強い馬が早めに押し上げて動きやすいだけに4コーナーでは先団くらいまでに進出しているケースが目立ちます。

 基本的に位置取りよりもロングスパートで長く脚を使える馬が有利なのでほぼ上がり600mで1位の脚を使った馬が馬券圏内に割り込んでくるくらい。それだけの脚を長距離ダートで使うには距離適性の高さとタフな持続力が必要なので長距離ダート実績や適性を中心視。印を持っているような馬は好走チャンスがあるのでhide指数競馬新聞の印欄に注目。

動画解説

>>不利やロスを完全手動補正したhide指数競馬新聞
 1レース10円強で使える競馬新聞型の指数。動画でも度々公開されるチェックコメントも閲覧可能。ワンランク上の予想に欠かせないアイテム

>>重賞検討会は勉強回顧にて
 展開解説から投資方法まで予想やアプローチのノウハウを講義。2002年から18年続いているお役立ちコンテンツ。 重賞の展開予想や切り口なども毎週解説中

札幌競馬場
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願いします
hide@勝ち組在籍方法!をフォロー
スポンサーリンク
勝ち組在籍方法!(競馬blog)