【東京芝2300m】(コースデータ・傾向・攻略)

東京競馬場
スポンサーリンク

 最初のコーナーまでの距離が短いと言う事でコース改修によって2200mが廃止。このコースでも1コーナーまではたいたい300mほどしかないのでそれほど長い助走距離とはいえません。

 外枠の先行馬はかなり強引に先行しないと1コーナーでは外を回される事になります。しかし、距離が長いので前半で脚を使いたくないという騎手心理からも外枠の馬は強引な先行を見せずにコーナーに突入していく可能性が高いので結局は外を回される可能性が高くなってしまいます。外枠からでも何が何でも鼻に立つタイプならば何とかコーナーまでにはロスを最小限で内側に入ることができるかもしれません。特に距離が長いので距離ロスは最後まで響いてきます。
 
  流れは比較的落ち着くコースなので内枠先行馬で持続ある脚を使えれば理想になります。また、差し馬でも持続していい脚を使える馬が条件になるので短い距離で差して来たような馬よりは中距離くらいをかなり後方から追い込んだような馬のような長く脚を使えるタイプに期待が掛かります。

 芝の状態が良ければ好位から持続脚を使えるJ1タイプやJ2タイプ(馬タイプ)などの抜け出しが理想。スロー濃厚なら瞬間的な加速ができるSタイプの馬に注目。

動画解説

東京競馬場
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願いします
hide@勝ち組在籍方法!をフォロー
スポンサーリンク
勝ち組在籍方法!(競馬blog)