【東京芝1600m】(コースデータ・傾向・攻略)

東京競馬場
スポンサーリンク

■スピードよりも持続した脚が使えるだけのスタミナが必要なコース。
★短距離馬よりも中距離馬
★持続した伸び脚を使える馬
★位置取りは展開と馬場次第
★距離延長で使ってくる馬よりは、距離短縮で使ってくる馬

 コーナーまではだいたい600m近くあるので、枠順による有利不利は無いコースと考えてよいです。このコースの特徴は脚質を問わず、中距離が走れるくらいのスタミナの要求されるコースだと言う事です。

 スタート位置が下り坂なので行き脚がつきやすいため前半が速くなる可能性が高くなります。また、途中で一旦坂を登りますが再度下り坂の状態でコーナーに突入しますからそこでもペースアップしやすいです。最大のポイントはスタートしてから600mくらい直線が続くのでコーナーによって息を入れることができないのが中山マイルなどと大きな違いです。

 よってスタミナ消耗戦になるコース形態なため小回りコースでのマイル実績よりは中距離以上の距離での実績を重視して馬券検討が必要となります。

 直線が長いので一瞬の切れ脚を使う馬よりはダラダラと長く脚を使える馬に向きます。1400mよりも消耗戦になるため、差し馬でも長く脚が使えれば馬場に関わらず上位まで差し込んで来れます。先行馬、差し馬ともにこのような脚を使える馬には注意が必要なコースです。

動画解説

動画解説

東京競馬場
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願いします
hide@勝ち組在籍方法!をフォロー
スポンサーリンク
勝ち組在籍方法!(競馬blog)