【東京ダート1300m】(コースデータ・傾向・攻略)

東京競馬場
スポンサーリンク

★コーナーで外を回すとかなりのロスのなるので内で持続した脚を使える馬
★差し馬なら内で溜める馬か、4角で外目にロス最小限で上がって行ける馬

コーナーまでの距離は300m少々で他の中央コース4場の1200m戦と比べてもコーナーまでは短くなっているのが特徴です。ダートコースの改修点でもっとも影響をあたえているのが、直線距離の延長です。直線が502mとなったことにより、旧来は完全に先行馬で残れていた馬場状態であっても中団位置から巻き返しが利くコースへとなりました。

 ただし、馬場が先行勢に有利であれば後方から追い上げる馬は2着、3着争いまでとなることが多く、基本的には長く脚の使える内枠の先行馬がいれば有利。また、馬場が差し馬場に変化したときなどは、差し位置だけではなく追い込み位置でも十分に届くだけの直線距離があり当日の馬場の傾向には常に着目しておかないと馬券が買いづらいダートコース。

 コーナーまでの距離が比較的短いのと直線距離の延長により、外枠からの先行馬でスムーズにコーナーを回れずロスを受ける馬は後方脚質の馬に直線で交わされやすいコース形状をしているのでメンバー構成によってそれらの馬には大きな割引を加えて考える必要性があります。

動画解説

東京競馬場
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願いします
hide@勝ち組在籍方法!をフォロー
スポンサーリンク
勝ち組在籍方法!(競馬blog)