【ローズステークス2020】調教評価(追い切り)1週前追い切り&直前追い切り

競馬コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローズステークス 1週前追い切り

 ローズSの1週前追い切りと最終追い切りをワンセットでお届けします。最終追い切りは映像が届き次第更新予定なので木曜日(9/17)から金曜日が更新の目安となります。

第3位

ウーマンズハート
 時計では分からない部分としては終始前に馬を置くことを意識した調教なので時計は出づらいです。前の馬の外に出してから反応が良くなっていて2歳初期の頃のような動きが戻ってきているように感じます。こういう意識的な調教をしているのはレースを見据えていて好感が持てます。

第2位

デゼル
 楽な手応えで上がってきて後半は強めに負荷をかける調整。1週前としては十分な負荷をかけているので最終追い切りは軽めでもオッケー。逆に最終追い切りでも負荷をかけすぎるようだと仕上がり面ではまだ不安が残ってしまうくらい。動きに重たさもなく、1週前段階でも十分に力を発揮できるくらいの状態。

第1位

クラヴァシュドール
 長めからで調整としては軽めに見えるがフットワークがとても軽くスピード感のある走りをしている。後半は少し気合を入れる程度に留めたが前半で標的にしていた併せ馬を軽々と楽な手応えのまま突き放すスピード感あふれる動きは高評価。最終追い切りでは軽めでも十分。

>>セントライト記念の調教はこちら

初めてのhide指数競馬新聞キャンペーン

>>初めてのhide指数競馬新聞キャンペーン

ローズステークス 直前追い切り

第3位

アブレイズ

坂路で軽く流し気味の調教でタイムもあまり出ているわけではありませんが坂を駆け上る前肢の力強さと後半の伸びの良さは目立つものを感じました。時計以上に評価してもよい内容だと思います。

第2位

クラヴァシュドール

1週前追い切りで解説したようにここはセットで評価。最終追い切りは坂路で軽めの調整で時計を出しているわけではないが動きに軽さも見せておりタイム以上の内容。かつ、先週の調教内容から最終追い切りは軽めで十分と評価したように、軽めながらもフットワークの良さを見せていて2週をセットで考えて合格点以上の評価。

第1位

フィオリキアリ

1週前追い切りは映像がなかったので最終追い切りだけでの評価ながらも坂路で抜群の動き。軽く流しただけでも後半はスピード感のある動きを披露。最終追い切りだけでデキの良さを感じさせる内容。しいて気になるとしたら少し頭が高い点。それを差し引いても上々と評価しました。

>>セントライト記念の調教はこちら

今週の重賞動画

>>ローズステークス解説動画

>>セントライト記念解説動画

中山芝2200m特徴解説


>>不利やロスを完全手動補正したhide指数競馬新聞
 1レース10円強で使える競馬新聞型の指数。動画でも度々公開されるチェックコメントも閲覧可能。ワンランク上の予想に欠かせないアイテム

>>重賞検討会は勉強回顧にて
 展開解説から投資方法まで予想やアプローチのノウハウを講義。2002年から18年続いているお役立ちコンテンツ。 重賞の展開予想や切り口なども毎週解説中。


hide 勝ち組在籍方法! https://www.hide-s.com/

競馬コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願いします
hide@勝ち組在籍方法!をフォロー
スポンサーリンク
勝ち組在籍方法!(競馬blog)