[競馬コラム]衝撃のペースになった有馬記念

競馬コラム競馬コラム
スポンサーリンク

中盤以降からタイトな流れに

 豪華メンバーだった今年の有馬記念が先ほど終わりました。リスグラシューの圧勝で幕を閉じましたがこの馬が引退してしまうというのは勿体ないとしかいいようがありません。

 今年の有馬記念は展開がかなりモノを言ったのは間違いないでしょう。


 アーモンドアイは後半あれだけ早めに前を追いかけて動いたのでは後半は伸びきれなくても自然だと思います。化け物だからもしかしてあそこからさらに伸びるのでは!?なんて思ってしまうところもありましたがそこは熱発の影響などもあったのかもしれませんが普通に厳しい流れでした。

 最後の3コーナーから4コーナーにかけて一気に前を追いかけるのにペースが動きました。ここで人気を背負ったアーモンドアイは積極的に前を追いかけて動いたわけですが、さすがにこの追走で急坂を上り切るのはタイト。

 一方で勝ったリスグラシューはここでも後方で脚を溜めていて、直線に入ってから進路を外に取っての追い出しをしたので一番脚が溜まった状態から仕掛ける事ができたのがあれだけの着差に繋がる勝因です。それでもあれだけ突き放すんですから展開だけではなく単純に強さも生きたことには違いありません。ただ、他の馬に比べてここから追いかけてないというのはレーン騎手の好騎乗、好判断だと思いました。

 その上で追いかけて強い競馬をしたのがサートゥルナーリアです。ここでアーモンドアイを追いかけて動いてそれでいて最後まで脚を伸ばしての2着をキープしました。リスグラシューには溜めていたのと動いたのとの差が出ましたが2着という結果以上に強い競馬を見せたのがこの馬に映りました。


 3着のワールドプレミアはじっくり我慢して後半に脚を伸ばしたので、これは展開が良い後押しになって前崩れの厳しい流れをワンテンポ遅らせた仕掛けが生きた結果の3着。

 フィエールマンには向く展開になりましたが最後はトップスピードの差が出てしまってましたね。それでも動いていって最後まで我慢しているんですからこういうタフな競馬になると強さを発揮します。

 キセキは結果的に出遅れたことが着順を上げることに繋がったと思いますが、この馬も押し上げて動こうとして持続脚を使っているので相変わらずタフさがあるところは見せたと思います。


 アーモンドアイの敗退に関してはこの展開ならばごくごく自然だと思うのでそんなに悲観はいらないと思いますし、熱発明けというのも少なからず影響したんでしょう。逆に言えばあそこから動いて押し切るような競馬ができたら恐ろしいです。もしかしたら絶好調ならそれをやったかもしれないと思わせるだけの魅力を感じますしルメールもそれができると思って仕掛けているのかもしれないので来年がどうなるのか楽しみです。

競馬コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願いします
hide@勝ち組在籍方法!をフォロー
スポンサーリンク
勝ち組在籍方法!(競馬blog)