▼1/5本日の寝言(中央競馬レース解説)

本日の寝言(レース解説)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1/5本日の寝言(レース解説)


今週の関連動画一覧

>>中山金杯 出走馬レース解説
>>京都金杯 出走馬レース解説
>>中山金杯 調教評価
>>京都金杯 調教評価
>>中山芝2000mの特徴

YouTubeへのgood!👍やコメント📝いつもありがとうございます。とても励みになっています。これからも応援に応えていけるよう頑張りますので引き続き宜しくお願いしますm(_ _)m


hide指数競馬新聞&チェックコメントの概要は上アイコンをタップ!
1レースあたり10円台、スマホ・タブレット・PCで使え、印刷して紙ベースでも可
不利やロスの補正後指数で正確な予想をしてください。


中山競馬場

中山競馬場

中山1R

 1月開催はダート中心になってくるので中山ではこの1200mと1800mを得意にしておくと安定した成績を納められる開催になります。

 得意にするというのは、そのコースを当てれるようにするという意味ではなく、そのコースで狙えるかどうか分別をつけれるようになるということです。ここを勘違いする人が自然と多くなります。特になっても難しいレースを当てるのは困難なので狙いやすい条件がそろっているかどうかを判断する力を身に着けるだけで十分です。

 このレースは背景色と指数を見ると何頭か候補がいるのでそういうレースは軸馬を決めても縦目をくらいやすいので注意しなくてはなりません。

 コースとしては先手が奪えるくらいの積極策ができる高指数馬か、包まれない枠から押し上げて動ける持続力のある高指数馬が理想です。そこそこ前で運べる高指数馬がパッと見ただけで4頭くらいいるのでこれらが候補のはなりますがこの4頭で優劣をつけて軸を選べないのであれば手を出すレースではないという事が分かります。逆に軸が決まってしまえば本線になるのは残りの3頭という事になってきます。

 この中でチェックコメントを見てみると、

チェックコメント
先団馬群で追っ付けながら外に切り替えて一歩ずつ伸びる。最初から動きやすい枠ならもう少し早めに動いていくこともできた。

 馬としてはここでは理想的な枠に入ったので後は騎手手腕で持っていけるかどうかじゃないかなと思います。

中山2R

 出馬表を見てみると背景色で青や赤を出している馬がかなり少ないのでペースとしては相当襲い流れになる事が考えられる展開です。少しでも早めに動けて長く脚を使える馬が理想。となると、前で運べる黄色指数を出している馬が上位候補。

 これだけ先行馬が少なく指数にもメリハリがあるので黄色指数組優勢で。

中山3R

 新馬戦

中山4R

  前走少しスタートが悪かった馬が本来のスタートから先行策に持ち込めれば展開的にも相手関係的にも上位に粘り込むだけの競馬ができそうです。またスタートで後手を踏むようなことがあると身動きが取りづらい枠でもあるのでスムーズな進出ができるかは疑問が残ります。流れが速くなる要素はないのである程度早目に運んでいける馬が優勢になりそうな展開が想像されます。

 このコースではGCタイプ印を持っている馬は好走しやすいので開催通して注意が必要です。

中山5R

 芝のレースになります。金杯も行われるコースになります。

 二度坂を超えるタフなコースですがスタートで助走をつけてから坂を上る事が出来るので1800mよりは前半のペースは上げやすいです。ただ、それも引っ張る馬がいてこその話なのでここのメンバーを見てみるとかなり先行馬が少ない事が分かります。背景色を見ても赤や青を出している馬画圧倒的に少ない事が分かります。

 背景色についてはどんな競馬新聞を使っていても活用できる事なのでYouTubeで公開している展開についての動画をご覧ください。(動画①動画②動画③

 少しでも前で運べる馬が展開的には有利になってきそうなのが背景色からは分かります。ちょっと気になるのは前走で変則通過をしている馬がいますね。変則通過とは通過順位を途中で下げてるような馬のことを言いますが⑤→④→⑧→⑧→2着という一度下げる競馬をしている馬はスムーズな立ち回りができれば巻き返しやすいので注意が必要です。指数的にもA1ですし前半さえスムーズに運べれば上位候補として考えたいです。

賞味期限レースとは
当該レースの出身馬がその後のレースで好走しているレースのことをいいます。賞味期限が切れる前にその出身馬は狙って美味しく頂きましょう、という意味での賞味期限レース。

賞味期限レースを知るには
【hide指数&チェックコメント】ページ
 ↓
■コメント会員専用ページ
 ↓
■WEBコメント
 ↓
それぞれのレースのコメント欄の右側に賞味と記載があれば出身馬。

前走・前々走・3走前まで表示がありますので上手にお使いください。

今週の重賞検討会

勉強回顧では重賞検討会を開催します。どうぞご参加ください。
※カード決済は開催中でも対応

今週の勉強回顧では…

中山金杯・京都金杯の重賞検討会(展開や馬場が向く馬は?展開解説)

金杯デーの7R以降全平地レースを当日の馬場傾向を見ながら徹底解説
勉強回顧(重賞検討会)

1/5(火)全レース対象 調教評価一覧

調教評価(好走例)

調教はあくまでも調子を見るものなので人気がなければ拾っておこうかな、軸馬の調子が良ければ後押しになるな、くらいの立ち位置がベストだと思います。

中京競馬場

中京競馬場

中京競馬場で勝つための3つのポイント

中京1R

 このコースは出来るだけ内枠で出来るだけ前で運べる馬が有利なコースです。もちろん当日のダートが前残りに有利であることが必要条件です。さすがにここは1レース目なので馬場チェックが出来ないままになってしまいます。

 ここは頭数も少ないので枠順はあまり気にする必要はありませんが出来るだけ早めに前で運んでいける背景色が青の馬で黄色指数を出しているようなのが優勢。前半の位置取りが悪いながらも早めに押し上げて動ける馬がいるので4コーナーで先頭に並びかけるくらい動ければ理想です。今回は頭数も少ないですしスローで流れるならば前半の位置が悪くてもかなり動きやすくなることが想像される展開です。

中京2R

 きっちり前で運べる馬が有利なコースです。中京は急坂がありますが坂を上がってから平坦なので急坂をダラっと上っていくことができれば最後は止まらないで押し切れるので坂を上っている途中で競り合いになったり、それよりも前に消耗するような展開になると苦しくなる競馬場ですが無理なく坂をのぼってしまえば前が止まらなくなるのでこの距離では特に前残りを中心に考えたいです。

 ただ良く見てもらっても分かるようにここは芝を使ってきた馬なども目立つレースです。初ダートの馬をなかなか軸にはしづらいので出来ればダートで先行策を取れてるような馬を軸に考えて粘り込みに期待。理想を言えばもう少し展開的にも指数的にもメリハリがあるメンバーの方が狙いやすさがあります。ここは軸選びと軸への信頼度という点ではやや物足りなさを感じるレースです。

中京3R

 GCタイプが穴をあけるコースです。

 残念ながら今回はGCタイプの出走はありませんし、メンバーレベルとしてもかなり薄いレースです。そうなると1頭だけ赤指数を出した事のある馬がどうしても目立ちます。位置取りは不安定で信頼できないタイプですがかなり緩い流れで進んでいきそうなので少しでも早めに押し上げて動くことができれば上位争い。位置取りに不安はありますが能力でカバーに期待。ただ、上手く進出できないと楽逃げや先行していた馬に追いつけないままという事も。早めの進出が理想。

中京4R

 頭数は少ないですし、位置取りもやや悪い馬が目立つメンバーです。背景色を見てもコンスタントに青を出してるような馬も少ないです。外枠の方に逃げた経験もある馬がいるので思い切って逃げの手に出てこれれば外枠でも頭数が少ないので自分で展開を作っていくことは出来そう。前走は内枠で進出しきれなかったところがあるのがチェックコメントからも分かりますから脚を溜める運びよりも自分からレースを作っていくような運びでの巻き返しに期待。

中京5R

新馬戦


[広告]


勝ち組在籍方法! https://www.hide-s.com/

本日の寝言(レース解説)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアお願いします
hide@勝ち組在籍方法!をフォロー
スポンサーリンク
勝ち組在籍方法!(競馬blog)